トイレトレーニング:子どもの便秘について


子どもの便秘について

みどり先生:お子さんが、ウンチをガマンしてしまい、便が固くなり便秘を引き起こしてしまうケースをよく見かけます。

eri:便秘ってことですよね?

みどり先生:はい、そうです。ウンチトレーニングを親が無理強いしたことで、お子さんがウンチをするのを我慢したり、外でウンチが出来なくてガマンしたり、様々なケースが考えられると思います。

saori:便秘だと、ウンチトレーニングにも影響があるんですか?

みどり先生:便が固くなると、ウンチをする時に、肛門が少し裂けてしまうことがあります。そうすると、またウンチをすると痛いんじゃないかと思い、ウンチをするのを嫌がります。便は我慢をすれば、するほど固くなってしまうのです。

eri:固い便秘になってしまったら、どうしたらいいのかな?

みどり先生:小児科に通院することをお勧めします。

saori:我慢して便が固くなるのではなくて、もともと便秘がちな子はどうしたらいいのですか?

みどり先生:野菜や果物を食べさせるというのが、一般的に言われています。ですが、便秘の原因というのは、なかなか判りにくいものです。便秘が続いたり、酷いようでしたら、医師に相談することをお勧めします。
ですが、お母さんがお子さんのウンチのことを気にしているということを、お子さんに気づかれないようにして下さい。お母さんを悩ませているのが、自分のウンチの事だと判ると、余計、お子さんは気をつかってウンチをしないようになってしまうかもしれません。

eri:浣腸はどうなのでしょう?

みどり先生:ウンチが出なくて、おなかが痛い。お子さんが苦しんでいるようでしたら、仕方ないかと思いますが、浣腸はしないようにして下さい。

saori:便秘によい食べ物はどんな物があるのですか?

みどり先生:果物ですと、りんご、みかん。またトマトも良いですね。小さいお子さんでしたら、季節の果物を皮ごとすりおろして、食べさせて下さい。また、じゃがいもやほうれん草、にんじんなどの野菜を柔らかく煮て、スープのようにして、食べさせてあげるのも良いですね。

みどり先生:お湯で下腹部を温めてあげるのもいいかと思います。
お子さんの便の様子をみながら、食事や水分補給に気を配ってあげてください。


みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る