トイレトレーニング:トイレトレーニングの進め方


トイレトレーニングの進め方

みどり先生:さぁ、では。トイレトレーニングの進め方についてお話ししていきます。
ただ、その前に、

 ・トイレトレーニングってしつけ?
 ・トイレトレーニングを始める時期

のコーナーでお話した【お子さんがトイレトレーニングを開始する準備が整っているか?】の項目を再確認して下さいね。

トイレトレーニングの第一歩は、お子さんがトイレトレーニングを開始する準備が整っているかどうかですから。

さぁ、では最初に、トイレトレーニングの進め方の大きな流れについてお話しましょう。

1.オシッコがしたくなったら、言葉でどう表現するのか? 子どもに伝える

2.オシッコがしたくなったら、どこに行けばいいのか? 子どもに伝える

3.オシッコがしたくなったら、トイレに行くことを子どもに伝える

4.オシッコが終わったら、どうしたらいいか? 子どもに教える

トイレトレーニングの第一目標は、子どもがオシッコがでたいと感じたら、何をしたらよいのか、理解できるように伝えることです。

まず、1についてお話します。お子さんに、オシッコがしたくなったら、どんな風に知らせたらいいのか教えて下さい。
「オシッコ」「チッチ」などの言葉をお子さんに教えます。



お子さんのオシッコがしたいサインに気づいたら、お子さんに教えた言葉を口にしてみてください。
「オシッコがでそうなの? 教えてね」
「チッチしたいのかな?」
大人から声に出すことで、お子さんに、オシッコがしたくなったら言葉に表すという行動を伝えましょう。

そして、2番目に、オシッコがしたくなったら、何処に行けばいいのか? トイレやおまるを見せ、そこが、オシッコをする場所だとお子さんに教えてあげてください。

次に、オシッコがしたい時、トイレやおまるにお子さんを連れて行って、そこでオシッコするんだよ、と教えてあげて下さい。

この3つを覚えることで、お子さんはトイレやおまると、オシッコが出ることを関連づけて考えられるようになります。

お子さんが、そろそろオシッコがしたくなったかな? というタイミングを見計らい、トイレやおまるに連れて行ってあげて下さい。

トイレやおまるでオシッコが出来れば、オシッコとトイレ、おまるの関連付けがしやすくなるでしょう。

eri:オシッコのタイミングって、どうやって計ったらいいの? ずっと子どもを見張っていなきゃいけないのかなぁ……。

みどり先生:オシッコが出たときを表にしておくとよいですね。もし、はっきりしたタイミングのパターンが見られない時は、だいたい2時間ごとにトイレやおまるに誘ってみるとよいでしょう。

saori:うまく、タイミングがあうかしら?

みどり先生:はじめのうちは、お子さんがオシッコをしてしまった後や、オシッコをしている時に、気づく事が多いかもしれません。ですが、次第に上手にできるようになりますよ。安心してくださいね。

みどり先生:そして、トイレやおまるでオシッコができる様になったら、その後することを教えてあげて下さい。
おしりを拭く、水を流す、洋服を着る、手を洗うなどの行為ですね。
女の子は、前から後ろにふくように教えてあげてください。その理由は、肛門付近の細菌が尿路や膣に入り、感染症を起こさないようにするためです。

eri:順を追って考えると、オシッコするのって、覚える事が沢山あるんですねぇ。

みどり先生:そうですね。お子さんは、トイレトレーニングを終了することで、自分に自信を持つことが出来るんです。それには、お母さんのサポートが大切なんですよ。ユーモアと笑顔を忘れずにいて下さいね。



みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る