トイレトレーニング

トイレトレーニング:がまんできなくて、おもらししちゃう


がまんできなくて、おもらししちゃう

Q:がまんできなくて、おもらししちゃう

みどり先生:膀胱が発達すれば、オシッコをためておける量も増えます。小さいお子さんは、まだ膀胱が未発達で、沢山のオシッコをためておけません。
尿意を感じていても、遊びに夢中になったり、他の事をしていたりすると、オシッコが出そうな感覚を忘れてしまうのです。
お子さんがオシッコをしたいというサインを見つけたら、お母さんが上手にトイレに誘ってあげるようにして下さい。
また、脱ぎ着しやすい洋服にしてあげることも大切です。
膀胱が成長すれば、自然とオシッコもがまんできるようになりますし、おもらしも少なくなっていくでしょう。


みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る