トイレトレーニング

トイレトレーニング:妊娠したら、トイレに行かなくなった


妊娠したら、トイレに行かなくなった

みどり先生:妊娠したら子どもが急にトイレでできなくなったという相談が時々あります。

お子さんは、お母さんが大好きで、お母さんのことをよく見ています。ですから、お母さんに変化があると、それを敏感に察知します。そして、お母さんの変化を「お母さんの気持ちが自分から逸れている」と感じてしまうようです。

そういった時、お子さんは、お母さんの注意を自分に引きつけようとして、我がままを言ったりします。いままで上手にトイレでオシッコができたのに、急にトイレに行きたがらなくなったのは、お母さんを困らせたいからではなく、自分に注目して欲しいからだと思って下さい。

トイレに無理に連れていかず、下のお子さんを妊娠した事をきちんと説明して、お子さんの気持ちが落ち着くのを待ちましょう。
そうすれば、トイレで上手にオシッコをしてくれるようになります。


みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る