トイレトレーニング:おねしょパンツについて


おねしょパンツについて

eri:おねしょパンツを使っていると、何時までたっても、おねしょが続くんじゃないのかなぁ? って思ったんだけど、どうでしょう?

みどり先生:おねしょパンツやおむつをしているから、おねしょをし続けるという事はないと言われています。
おねしょは、抗利尿ホルモンの分泌と膀胱の発達が大きく関係しています。
夜、ぐっすり眠り、成長リズムを整えることでホルモンの分泌のリズムも整ってきます。
おねしょをして、濡れた感覚でお子さんが起きてしまうより、おねしょパンツをはかせて、おねしょをしてもぐっすり眠らせてあげることが大切です。

eri:おねしょパンツをはいていても、自然に夜中におしっこをしなくなるっていう事ですか?

みどり先生:眠りのリズムが大人型になってくると、抗利尿ホルモンも夜中に多く分泌されるようになります。そうなると、眠っている間に作られるおしっこの量も減ってくるので、おねしょをすることも減ってくると思います。

saori:ぐっすり眠らせてあげることが、大切なんですね。

みどり先生:はい、そうです。眠りのリズムを整えてあげること、安心して眠らせてあげることが、大切です。

eri:そっか。

みどり先生:ただ、お母さんがおねしょパンツに依存しすぎないように気をつけて下さい。

saori:依存、ですか?

みどり先生:お子さんが朝起きてからも、ずっと、おねしょパンツをはかせたままでいたりすると、おねしょはしていないのに、朝起きてから、トイレに行かずにパンツの中にオシッコをしてしまうかもしれません。
朝起きたら、すぐに下着に着替えさせ、トイレに連れて行く習慣をつけるとよいでしょう。
また、夜中にオシッコをしていないか、おねしょパンツが濡れていないか確認をして、おねしょパンツ卒業のタイミングを掴んでくださいね。

みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る