トイレトレーニング:ねんねの時のトイレトレーニング


ねんねの時のトイレトレーニング

saori:トイレトレーニングをはじめてからの、ねんねの時のトイレトレーニングってどうしたらいいのでしょう?




みどり先生:昼間のトイレトレーニングと、ねんねの時のトイレトレーニングも同じように出来るとは限りません。

eri:うちの子、昼間はオシッコを教えてくれるのに、夜になるとおもらししちゃう。

みどり先生:それは、オシッコの量を調節するホルモンの量と、膀胱の大きさのバランスに関係しているんですよ。

eri:ホルモンの分泌? バランス?

みどり先生:オシッコの量は、オシッコの量を調節するホルモンにより調節されています。これを、抗利尿ホルモンといいます。この抗利尿ホルモンは、ぐっすり眠ると沢山、分泌されます。すると、オシッコの量が自然と減るんですね。

saori:それじゃぁ……子どもたちは、抗利尿ホルモンの分泌がまだ少ないってことですか?

みどり先生:はい。抗利尿ホルモンの量が少ないと、夜中に作られるオシッコの量が多くなるんですね。

みどり先生:抗利尿ホルモンの量が増え、膀胱が大くなれば、ためられるオシッコの量が増えますので、自然とおねしょもしなくなっていくでしょう。

eri:昼間、トイレトレーニングがうまく出来たからって夜もうまくいくとは限らないんだ。

みどり先生:そうですね。昼間のトイレトレーニングが上手にできたから、夜のおねしょも大丈夫なはずなのに、と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、夜のトイレトレーニングは体の発達や、生理的な面が大きいのです。昼と夜は、別だと割り切って考えて下さい。

eri:このままずっと、おねしょが続くのかと思ってたから、ちょっと安心した。

みどり先生:おねしょは、いけない事だという考え方をやめてみて下さい。おねしょは悪いことと考えたり、うちの子ばかりがおねしょをすると思い込むことで、ストレスがたまります。
トイレトレーニングを失敗したという風には考えないで下さいね。他のお子さんと比べてあわてる必要はありません。お子さんの成長のペースにあわせて、ねんねの時のトイレトレーニングを見守りましょう。


みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る