トイレトレーニング方法:トイレトレーニング いつから?


トイレトレーニングは、いつから?

saori:トイレトレーニングを始める時期って、いつからですか?

みどり先生:トイレトレーニングをいつからを始めるか、みなさん一番気になさる事だと思います。

saori:いつから、トイレトレーニングを始めたらいいのか、とても悩んでいます。

みどり先生:まず、最初にトイレトレーニングをスタートするめやすとして、お母さまの目からみて、お子さんが次のことが出来ているか、チェックしてみてください。

1.「痛い」「お腹がすいた」など、自分の感覚を言葉にあらわすことができる。

2.「おもちゃを持ってきて」といった簡単なお願いを理解することができる。

3.オムツが汚れたり、オシッコで濡れたときに、オムツを触ったり、もじもじしたりする。


4.オシッコの間隔が長くなる(2時間ほどオシッコとオシッコの間隔があく)

1のように自分の感覚を伝えることができ、2のように、相手の話を理解することができていれば、「オシッコがでる」「トイレに行きたい」と言葉で伝えることができます。
言葉でのコミュニケーションがとれるということですね。

そして3の、オムツが汚れた感じがわかれば「濡れててキモチわるくない?」「パンツをはいてみる?」などの言葉かけができます。オシッコをすることの気持ちよさを伝えやすくなります。


そして、4番目。オシッコの間隔が長くなるというのは、膀胱の容量が増えたということです。膀胱が大きくなれば、トイレに行くまでオシッコを我慢することが出来ます。

これらのことが出来ているようであれば、トイレトレーニングをスタートできます。

eri:4つ全部出来ないと、トイレトレーニングを始める時期じゃないってこと?

みどり先生:4つの事柄が、トイレトレーニングを始める時期、タイミングをはかる、めやすとなると考えて下さい。
4つ全てクリアされているから、トイレトレーニングがスムーズに完了する、というわけではありません。
お子さまの心と体の成長のサインと、トイレトレーニングを始める時期を照らし合わせ、見て行かれることをお勧めします。

saori:トイレトレーニングを始める時期は、早いほうがいいんですか?

みどり先生:トイレトレーニングを始める時期というのは、子どもたちが自分はお母さんやお父さん、周囲の大人たちとは別の、一人の独立した人間であるということを、意識しはじめる時期と重なります。
体と心、両方の面から子どもたちが大きく成長する時期であるということですね。

みどり先生:お子さんがトイレトレーニングを始められる条件が揃ったから、すぐにトイレトレーニングを開始しなければいけない、というわけではありません。
あせらず、気負わず。お母さんとお子さんのペースでいいので、ゆったりとした気持でトイレトレーニングを始めて下さい。

みどり先生:子どもの体の成長と大脳の成長がすすめば、自然とオムツではなく、トイレでおしっこをするようになりますから。

saori:4番目の「オシッコの感覚」についてなんですが、うちの子、どのくらいの間隔でオシッコをしているか……まだ、オムツをはいているので、よく分からないんです。

みどり先生:お子さんのオシッコとウンチの記録表をつけてみるといいですよ。
朝起きて、オムツをかえますよね。その後、1〜2時間後にオムツをチェックして、オシッコをしていないか、確認します。オシッコをしてオムツを替えたあと、また1〜2時間後にオムツチェック。
2〜3日の記録をつけておくと、のちのち、トイレトレーニングをするとき、トイレに誘うタイミングの参考になります。

eri:オシッコのチェック記録表かぁ……自分んで作るのは面倒くさいなぁ……。

みどり先生:記入表がダウンロードできる、トイレトレーニングや育児サイトなどがありますから、参考にしてみられるとよいでしょう。

みどり先生:また、オシッコの間隔をチェックするのと一緒に、いつウンチが出るのか把握しておくとよいでしょう。お子さんの排泄のリズムを認識することができますからね。

みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る