トイレトレーニング

トイレトレーニング:エリミネーション・コミュニケーションの良い点


エリミネーション・コミュニケーションの良い点

saori:エリミネーション・コミュニケーションの良い点って、どういうところですか?

みどり先生:赤ちゃんとのコミュニケーションがとれるということが第一に挙げられます。赤ちゃんのことをよく見つめることで、お母さんは赤ちゃんの欲求に気づくことが出来ます。また、赤ちゃんも、欲求を満たしてもらったことで安心感を抱くでしょう。

みどり先生:つぎに、オムツからの解放があります。経済的な面、オムツを着脱する手間などですね。そして、赤ちゃんのオムツかぶれも防ぐことが出来ます。

eri:オムツを購入しなくてもよくなるのですか?

みどり先生:ずっと、赤ちゃんの様子を見て、排泄のたびにトイレやオマルに連れて行くのは難しいと思います。常にオムツをつけているのではなく、補助的なものとしてオムツを使用することで、一日に使用するオムツの量が軽減される、という風に考えて下さい。

saori:エリミネーション・コミュニケーションをしていると、早くトイレトレーニングを完了できますか?

みどり先生:赤ちゃんの頃から、オムツではなくトイレやオマルで排泄を続けていれば、オムツが排泄する場所だという認識がなくなりますね。
トイレトレーニングはオムツをはずし、トイレやオマルで排泄をするという事が目的です。お子さんに、トイレやオマルが排泄する場所だという認識があれば、トイレトレーニングはスムーズに進むと考えられています。


みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る