トイレトレーニング

トイレトレーニング:エリミネーション・コミュニケーションとは?


エリミネーション・コミュニケーションとは

saori:エリミネーション・コミュニケーションってなんですか?

みどり先生:Elimination Communication。エリミネーションは排泄。コミュニケーションは対話という意味です。別名、トイレ・コミュニケーションとも呼ばれています。
排泄をつうじて、赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう。赤ちゃんとコミュニケーションをとることで、排泄のタイミングを理解しましょう、という意味なんです。

eri:実際には、どんなことをするんですか?

みどり先生:月齢の低い頃から、赤ちゃんをトイレやオマルに連れて行き、そこでオシッコやウンチをさせてあげることを行います。

saori:トイレトレーニングとは違うんですか?

みどり先生:はい、違います。赤ちゃんがトイレでオシッコができるようにトレーニングするわけではありません。
赤ちゃんがオシッコがしたい、ウンチがしたいという時に、トイレやオマルに連れて行ってあげることで、赤ちゃんの欲求に応えてあげることができるのです。欲求に応えてあげることで、赤ちゃんとコミュニケーションが図れるという考え方なのですね。

saori:赤ちゃんは無意識のうちに、オシッコやウンチをしているっていう話を聞いたんですが?

みどり先生:エリミネーション・コミュニケーションの考え方は、赤ちゃんは生まれたときから、排泄の欲求を感じる能力が備わっているというものです。
声や仕草などで、何かしら排泄の欲求を伝えているというのですね。
エリミネーション・コミュニケーションは、赤ちゃんの本来持っている能力を親が信頼してあげるということでもあるのです。

eri:エリミネーション・コミュニケーションをすると、トイレトレーニングもスムーズにいくの?

みどり先生:排泄の欲求を親が察知して、トイレやオマルに連れて行ってくれることで、赤ちゃんは自分の欲求と、オシッコやウンチが出るという事を繋げて考え、覚えていってくれると言われています。
排泄と排泄をする場所(トイレ・オマル)を結びつけて考えることが、トイレトレーニングの初期段階です。ですから、トイレやオマルで排泄させてあげる、エリミネーション・コミュニケーションは、トイレトレーニングに役立つと考えられています。

saori:月齢が早いうちから、エリミネーション・コミュニケーションを開始して大丈夫なんですか?

みどり先生:エリミネーション・コミュニケーションは、排泄を通じ、赤ちゃんとのコミュニケーションをとりましょうというものです。
排泄を強要するのではなく、排泄をするまえの、赤ちゃんの様子や仕草に注意を向けることが大切なのです。

みどり先生:エリミネーション・コミュニケーションの目的は、食事や眠りだけではなく、赤ちゃんの排泄の欲求にも目を向けましょうということです。



みどり先生: 今回のお話はここで終わりますが「トイレトレーニングの1番のコツ」は何だと思いますか?
それは子供とお母さんの心の状態。なぜならトイレは、とてもデリケートなもので心の状態が身体(排泄)にも影響してくるから。オムツ卒業の1番のコツをわかりやすく教えてくれているのがこちらの先生です。




トイレトレーニングのトップへ戻る